mikikozu (3)

岐阜県可児市の劇場型音楽フェス

ROCK FILL JAM

ROCK FILL JAM in ala特別編

2013年より続く劇場型フェスROCK FILL JAM。ゆかりのあるアーティストによる特別な2マンライブを開催します。

気兼ねなく文化・芸術が楽しめる場所を地元に作り続けたい。そんな思いから計画を練ってきました。

連動企画「みんなでつくるデザインマスク展」にて多くの方に出品いただいた作品で装飾する会場空間も見どころです。

出演

向井秀徳アコースティック&エレクトリック

K.Yairiの本拠地である可児市に向井秀徳アコエレがヤイリギターを鳴らしに行く!」

1973年生まれ、佐賀県出身。1995年、NUMBER GIRL結成。1999年、「透明少女」でメジャー・デビュー。2002年解散後、ZAZEN BOYSを結成。自身の持つスタジオ「MATSURI STUDIO」を拠点に、国内外で精力的にライブを行い、現在まで4枚のアルバムをリリースしている。

また、向井秀徳アコースティック&エレクトリックとしても活動中。2009年、映画『少年メリケンサック』の音楽制作を手がけ、第33回日本アカデミー賞優秀音楽賞受賞。2010年、LEO今井と共にKIMONOSを結成。2012年、ZAZEN BOYS 5thアルバム『すとーりーず』リリース。今作品は、ミュージック・マガジン「ベストアルバム2012 ロック(日本)部門」にて1位に選ばれた。著書に『厚岸のおかず』

website / Twitter / YouTube

ヤイリギター

鈴木実貴子ズ

鈴木実貴子ズ

「鈴木ズの配信はまじでレアです。何で今回配信をするかというと主催者に対しての敬意です。是非!」

鈴木実貴子(歌とギター)とズ(ドラム)による、名古屋在住の2ピースバンド。時には息遣いが聴こえるほど繊細に、時には魂を揺さぶるほど熱量をもった、鈴木実貴子ズだけが鳴らせる音楽を奏でる。

バンド名の由来は、「解散した時に、私の名前だけは残るように」。2021年6月、3rdアルバム「泥の滑走路」リリース。音楽、演劇、展示、映像などを自由に表現できる空間、ライブバー『鑪ら場(たたらば)』を運営。

2017年以降、毎年ROCK FILL JAMに出演。回を重ねる毎にファンを増やし、近年は会場から人が溢れ出るほど超満員の中、集まった人たちに音楽を届けてくれました。今回はサポートメンバー無しの2人編成でご出演いただきます。

website / Twitter 鈴木実貴子 / Twitter いさみ / YouTube

公演概要

ROCK FILL JAM in ala特別編

2022年3月19日(土曜日)
15:00開場 15:30開演
可児市文化創造センターala 小劇場

チケット

一般チケット

全席指定4,500円(税込)
感染対策のため客席数155席を予定
未就学児の入場はご遠慮下さい。

指定席チケット購入

事前に無料の会員登録が必要です。

電話予約
tel.0574-60-3050
可児市文化創造センターala(9:00-19:00 火曜定休)

窓口販売
可児市文化創造センターala チケットインフォメーション
(9:00-19:00 火曜定休)

配信チケット

配信チケット2,500円(税込)

ライブ配信+アーカイブ配信(2022年3月20日 23:59まで)
期間中は何度でもご視聴いただけます。

配信チケット購入

発売日

2022年1月22日(土)9:00より
電話予約は1月23日(日)9:00より

お問い合わせ

ROCK FILL JAM制作委員会
tel.080-1341-7267(五藤)
rockfilljam@gmail.com

会場装飾

連動企画「みんなでつくるデザインマスク展」にて多くの方に出品いただいた作品で会場を装飾します。

TOMASON装飾では、ポップな色使いとユーモラスな表情が印象的なモンスターを描くアーティスト、TOMASONとコラボレーション。

ROCK FILL JAMならではの演出で、ロビーから客席、ステージまで“MATSURI”なライブ空間を創り上げます!

ROCK FILL JAM 2019

ROCK FILL JAM2019

アクセス

可児市文化創造センターala

〒509-0203
岐阜県可児市下恵土3433−139

駐車場:437台 駐車無料 8:00-22:30

ROCK FILL JAMについて

2013年より可児市文化創造センターalaにて毎年開催している劇場型フェス。

音楽、マルシェ、アート、美味しいもの、参加型のワークショップなど、子供から大人まで楽しめるものをたっぷり集めた1日をつくっています。

見に来てもらうだけじゃなく「やりたくて。でもまだ、やっていない人たちへ。やろうぜ。やれる場所、あるよ。」というメッセージを伝え続け、イベントを通してこの街に「おもしろいことの連鎖」を生み出す場になることを目指して運営しています。

ROCK FILL JAM ウェブサイト

Facebook / Twitter / Instagram

新型コロナウイルス感染症対策への取り組みについて

会場となる可児市文化創造センターalaのガイドラインに準じて実施いたします。

緊急事態宣言などが発令された場合は、可児市文化創造センターalaの開館状況に合わせて公演の中止または無観客でのオンラインライブのみの開催になる場合があります。

  • 無観客での開催になった場合、指定席チケットは払い戻しいたします。
  • 公演自体が中止になった場合、配信チケットも払い戻しいたします。

協賛

株式会社インプラス㈱甲山製作所光蓮寺TPR株式会社株式会社トイ・ファーム東濃建物管理株式会社BarBerShop蓉和youwa仏事の窓口たかの家、マウスネット株式会社、株式会社ヤイリギターリビング市原商事有限会社

主催:ROCK FILL JAM制作委員会
共催:公益財団法人可児市文化芸術振興財団
後援:(特)可児市 NPO協会

更新日:

Copyright© ROCK FILL JAM , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.