LIVE & DJs

 2018年8月5日「ROCK FILL JAM in ala 2018」を開催しました。今年も音楽ライブを中心に、フェス飯サミット、クリエイターズマルシェ、ヤイリギターとゼマイティスのギター試奏体験、楽器やクラフトのワークショップ、映画上映など、昨年以上にボリュームアップした内容に、2000名を超える来場者で賑わいました。さらに、今年も同時開催となった「Welcome to A.G Town」では、小山田壮平、田渕ひさ子、ハルラモネルの3名が出演し1日を締めくくりました。

 「Welcome to A.G Town」は、ヤイリギターが工房を構える「アコースティック・ギターのまち可児」として開催している可児市文化創造センターの事業です。ROCK FILL JAMではその出演者のブッキングを共同で行っています。今回は、はじめての試みとなる出演者3名の対バン形式でのライブ。
オープニングアクトは東海エリアで活動しているシンガーソングライターのハルラモネル。メインアクトにはbloodthirsty butchersやtoddleなどで活動している田渕ひさ子。そして元andymori、現在はALとしてバンドでの活動も行っている小山田壮平をお迎えしました。また、小山田さんが今回の田淵さんとの共演のために書き下ろした新曲「彼女のジャズマスター」を披露するなど、嬉しいサプライズも!
全国各地の皆様に注目していただきチケットは数日で完売、近隣そして遠方からもご来場いただきありがとうございました。

[Photographer] FOREST STAGE : masato / CANVAS FLOOR : yojiro&小池 / GRASS STAGE : tomonori takai / Welcome to A.G Town 尾崎隼

MARCHE & FOOD

 また今回は「フェス飯サミット」「クリエイターズマルシェ」と銘打って、フードやマルシェのエリアの規模や内容の充実に取り組みました。フェス飯サミットでは調理の制限がある中で、出店者の皆さんが工夫を凝らした美味しい料理やお酒で来場者のお腹を満たしていました。クリエイターズマルシェでは会場のいたるところに個性豊かな作家さんの作品が並び、一日を通して賑わっていました!

[Photographer ]フェス飯サミット&クリエイターズマルシェ : かな&よしえ , みやけ , tomonori takai

ART & GUITAR

 ROCK FILL JAM in ala 2018に先駆けて開催した音にまつわるアート展「みえる音。展」にもたくさんの方が足を運んでくださいました。県内外からの12アーティストによる作品が並び、イベント当日にはヤイリギターとゼマイティスのギターの試奏ブースも登場。また、ライブエリア内でのライブペイントも開催し、たくさんの方が足を止めて見入っていました。

[Photographer] ライブペイント : yojiro&小池 / みえる音。展 :  yukino.o , カヨ

WORKSHOP & MOVIE

 夏休み中の子どもたちが楽器に触れるきっかけとなるようにと、ヤイリギターさん&神田商会さんが共同企画として「ギターの素材でナニツクル?」という木工のワークショップを開催。また、タブラボンゴ東海の皆さんは「タブラボンゴをたたくワークショップ」を開催しました。
さらに、各務原全国まちおこし映画祭実行委員会による「MACHI × FILM GO! GO!」では、なんと映画監督で俳優でもある利重剛さんが登場、横浜を舞台にした短編映画「Lifeworks」の上映会とトークショーが行われました。こちらでMACHI×FILM GO!GO!レポートがお読みいただけます→Cafe Mirage「地域×映画 - 自分の街での映画作りの可能性」

[Photographer] ワークショップ : みやけ

セルフレビュー:
何がやりたかったのか、何を続けるのか。

 2018年8月5日、ちょうど1ヶ月前。ROCK FILL JAM in ala 2018が開催され、とっても嬉しいことに無事に終了した。
朝10時30分からお昼の15時30分までの5時間はあっという間すぎて、蜃気楼みたいに掴みどころがなく、リアリティに欠け、夢をみていたのとあまり違いを感じない。例えば、明日の朝起きたときに「開催まであと3日だ!頑張ろう!」と電話で言われても、納得してしまうきがする。よし、がんばろう。

 

 まず、この"掴みどころのなさ"の話をする。きっと、多くのイベント運営がそうであるようにROCK FILL JAMもまた「なにを成功と言っていいのかわからない」という点がそうだった。これはきっと、オバケみたいなもので、それははたして、来場者数なのか、会場の熱気なのか、お金のことなのか、仕掛けた企画への反響なのか。

 きっとそれらすべてだろうし、目や耳に届かない部分も含んだ「全部」だろうからこのオバケは掴みどころがない、というよりも「掴みきれない」という表現のほうが正確かもしれない。このオバケはアンケートをとっても、グラフ化しても、数値化して一覧にしても、あまりピンとこない。

 そんなことより今年は「ライブがむちゃくちゃ良かった!」とか「今年はご飯だけじゃなくてお酒が売れたよ」とか「ライブペイントやVJがすごかった」とか。「ワークショップ、子どもがすごく喜んでたよ」とか「やったねごとうくん、すげえよ」とか「利重剛監督に会えた!」とか「やばいよ小山田壮平が"グロリアス軽トラ"で可児市の空の下~って歌ってたよ」とか。そういった言葉をかけてくれる人がたくさんいた。イベントが終了してからもLINEやメールで送られてきた。
それはもう、すごくたくさんの人から。去年までの比じゃないくらい。言葉の内容だけじゃなくて、その人達はなんか楽しそうで、興奮していて、嬉しそうだった。
僕はそれを聴いてとてもシンプルにイベントの「成功した部分」を知ることができた。震えるくらい嬉しかったし、何度も泣いた。

 

 さて、僕は今年、このRFJに小さな願いを持ち込んだ。個人的な色眼鏡というか、きついカラーフィルターをかけてイベントづくりをしていた。

 それは制作委員会のメンバーに、それとなく伝えたし。地元のフリーペーパー「歩好里人」にも、「みえる音。展」の挨拶にも書いたけど、それは例えば「面白いものは連鎖する」とか「ヤバイものはヤバイやつの目を覚ます」とか「誰かの叫びはきっと誰かの心に風を吹かせる」とかそういった類のことを願っていた。
「やりたくて。でもまだ、やっていない。人たちへ。やろうぜ。」という、ある種のメッセージを伝えたかったし。やれる場所、あるよ。という事が、イベントを通して言いたかった。

 ここは田舎で、限界集落とは言わないが、ベッドタウンで高齢化がすごい。クルマで走っていたり地元のスーパーにいくと、高齢者の多さにびっくりする。大学がないから若者は基本的に外に行く。当たり前のようにそのほとんどが地元に帰ってこない。
 夢を持った純真な学生は都市に憧れる。かつての僕のように純真でなくても、もっといえば学生でなくても都会に夢を見る。きっとそれは「何かをやりたい」というエネルギーが必然的に「何かをやっている」人たちの元へ集まるからだ。そして、そのエネルギーは、ポジティブな事件を生みだしていく。

 もちろん地元に残った人間にも、「何かをやってやる」という小さな野望や計画がある。僕はそういった人とたくさん出会ってきた。
けど、いつの間にか「何かをやるんだ」というエネルギーを持て余して、パチンコや、飲み会や、釣りをしたり、家でテレビやYouTubeを見ることが、何かをやっているということになる。そういった人ともたくさん出会ってきた。こういう類の話は、とっても普通なことで、それでいいし。きっと田舎とか都会とか関係ないんだろう。 

 でもやっぱり、兎にも角にも、田舎にはポジティブな事件がない。「ない」というと大袈裟だけど、目を凝らさないときっと見つけにくい。目にうつるのは、自治会の人たちが高齢化に抗って「お祭りやイベントの縮小や消滅」という危機と毎年せめぎ合って戦っている様子や、閉店していく小さな商店。それこそライブハウスやCDショップとかも都市部でさえ経営が難しいらしいから、田舎なら尚更だ。

 きっと、僕ら田舎者は長いあいだ喪失の中にいて、これからも失い続けていく。

 だから、僕はイベントを通じて、その喪失へ抗いたかったし、やりたいと言う人への「場」を生み出したいと思った。「やっているぞ」と目を伏せてる人たちの間近で叫びたかった。
ROCK FILL JAMはこの愛する田舎に住むことを決めた僕自身への為、そして知らない誰かへのメッセージでもあった。

 それは君に届いただろうか。

 

 きっと来年も「ROCK FILL JAM in ala 2019」を開催するから、本当はこういう「かっこ悪いネタばらし」をするつもりはなかった。でもいつか僕らにも終わりがくるだろうから、今言っておくべきだと感じた。なにより、今僕たちは力を貸してほしいと思っている。もっと、楽しいことをしてやろう。と企んでいる。
でも、僕らが作っているものは、大切な制作委員会のメンバーの、大切な生活の上に成り立つべきだから、今のままだと限界がある。だから、どうか助けてほしい。

 すべてのアイデアやエネルギーを費やしたあと。すべてが終わったあとで、ここで生まれるのは、小さな変化でいい(大きい変化でもいいけど)。それこそ、何が成功なのか、掴めないオバケのようなものだと思う。
例えばそれは、中学生の頃の僕が同じ塾の友達にあこがれて、お年玉でギターを買って、Cのコードを練習したときのような。『G線上ヘヴンズドア』を読んだあとや『カメラを止めるな』を観たあとの、大きい愛に触れて、何かがしたくてたまらなくなるような。

 そんな些細な「ポジティブな事件」が、このまちやこの場所に、そして訪れた人に生まれたらいい。そういうことがやりたい。もし、いつかそれが巡り巡って「やってるよ」って伝わってくるようなことがあれば、それこそ震えるほど嬉しいから。

 最後に、ライブへの出演や出店者としてこのイベントに関わってくれた人、このイベントにお金を出してくれてる協賛企業の皆さん、「協力するよ」って制作の資材をくれた方々。なんか楽しそうだなって思って予定を開けてくれた人、ふらっと立ち寄ってくれた人。何より、制作委員会の仲間たち。関係してくれたすべての皆様へ、本当にありがとう。
そもそもこれは蜃気楼でも夢でもないから、パッとある日突然消えてしまうことはないけど、まだこの夢の途中で、夢見心地でいられることを嬉しく思っています。

 それでは、また来年。

ROCK FILL JAM 制作委員会 
副委員長 ごとうひろみ

ROCK FILL JAM in ala 2018
2018.08.05[SUN] 10:30-15:30
可児市文化創造センターala[主催] ROCK FILL JAM制作委員会 [共催] (公財)可児市文化芸術振興財団
[協賛]  ㈱インプラス / A-SEED / ㈱神田商会 / 協同組合岐阜県可児工業団地管理センター / 光蓮寺 / ㈱スズキオート / ㈱清香苑 / ㈱トイ・ファーム / 洞興寺 / 東濃建物管理㈱/ ㈱のうひ葬祭 / BarBerShop蓉和youwa / 堀江はりきゅう接骨院 / マウスネット㈱/ ㈱ヤイリギター / リビング市原商事㈲ / TPR㈱ / ヒロミトーヨー住器㈲/ ㈱甲山製作所 / 仏事の窓口たかの家 / 小粋な鉄板屋しょうじ / ㈲真建ホーム / FMラインウェーブ株式会社(FMらら)
[協力] ZIP-FM / 月曜マルシェ
[後援] 可児市 / 可児市教育委員会 / (特)可児NPO協会

LIVE&DJs
[Welcome to A.G Town] 小山田壮平 / 田渕ひさ子 / ハルラモネル[FOREST STAGE] ベッドサイドフィクションズ / 可児高等学校軽音楽部 / ジョニー大蔵大臣 / CRICKET QUARTET / 鈴木実貴子ズ [CANVAS FLOOR] 万作theBAND / 碧みき / GoodiesBoogie / 蛯名 桂(Brownie) / チャヤ・アズナブル(White/BLACK) / STILLMATICS(bobkut&fune) / ryosei(Brownie) [GRASS STAGE] はらたけ三重奏 / 鍵穴 / T.B.J / ヤドサガシ / 佐藤嘉風 

DJ' SELECTION
N.O.D.A.summer (Brownie) / MORI3 / HOSODA

フェス飯サミット
ヤンガオ/ 旬彩酒家 結庵 / ハトブキ山cafe / 晴々 / オーガニックキッチン / BLITZ coffee / 小さなお菓子屋~miel~ / めぐみ飴本舗 / MadoCafe / 木の根っ子 / chill / 可児マイスターズ / coffee&music… opus / ねこおでん屋台

クリエイターズマルシェ
yasumin / たかのや:ハーバリウムmomo / anui / yfks works / レトロ雑貨*みずたま / Ann’s _hm / nobu glasswork / cotito / eau. / tool / TKHOME FACTORY / lien *33 / bj.Sakura / 雑貨店ho-biya(ほうびや) / Amazing photo&goods tanu工房 / みわ / handmade candle Ayame-snow / kumi&sio.co / イワマユリ / halu* / 風船おじさんのてりやき / Jramiju / JOJONO / usuco / noo-(ヌー) / wildberryの布小物 / freely / happy holidays accessories / scarab(スカラベ) / Ti Leaf(ティーリーフ) / jotic1/2 / スエラボ / 昭和キャロライン / ACTGROUND / mm(エムエム) / ★Curage(星クラゲ) / yukipan&shimaen / ecocraft / toitoitoi

みえる音。展
eerie-eery / 木全靖陛 / 障害者支援施設 第一陶技学園 / 宮崎はこ / TOMASON(Kaito Takano) / アヤゾンビ / yukino.o / 雨本洋輔 / akimichi / タカギキヨヒト(team MUSEUM) / 黒山史朗 / 五藤ひろみ

ギター試奏体験
ヤイリギター by ㈱ヤイリギター / ZEMAITIS by ㈱神田商会

WORKSHOP
ギターの素材でナニツクル? by㈱ヤイリギター& ㈱神田商会
タブラボンゴをたたくワークショップbyタブラボンゴ東海

MACHI×FILM GO!GO!
主催  各務原市 全国まちおこし映画祭実行委員会
ゲスト 利重剛 監督